千鳥酢について


千鳥酢とは


千鳥酢の創業は江戸享保年間(1716年〜1730年)。当初は酒、味噌、醤油を商っていましたが、順次製造を始めました。元禄時代(1688年?1703年)には友禅染めが盛んになり、その色止めに酢が使われたため京の町には酢屋が急増しますが、明治になり色止め用のお酢は化学薬品におされ廃業する業者が増えました。しかし弊社は食酢を専業としていましたので、まろやかな味と香りが京料理に合うお酢として今日まで続いております。

京酢 加茂千鳥

京酢 加茂千鳥

米と熟成した酒粕から仕込み、当社の技を駆使して醸造された米酢です。まろやかな味とかおりは素材の持ち味を引き立て、料理にはなくてはならない調味料として有名料亭、寿司店などで愛用されております。お好みの味付けで、お寿司や酢の物、ドレッシングなど色々なお料理にお使い下さい。


CoChidori(こちどり)

CoChidori(こちどり)

まろやかな風味の米酢『千鳥酢』を皆様にもっと知っていただきたくて、小さなサイズの『CoChidori(こちどり)』を作りました。
小さくて可愛い、醤油差しタイプのボトルですので、テーブルに置いていろいろなお料理にお使いください。使い終わったら、千鳥酢を詰替えてお使いください。
※ 平成25年11月に発売の商品です。 京都の四条センター『Otabi Kyoto』、JR京都駅新幹線改札内『舞妓』、祇園倭美坐『くろちく』、および弊社にて販売しております。


合せ酢 甘露千鳥

合せ酢 甘露千鳥

京酢加茂千鳥にうす口醤油と柑橘果汁を加えた合せ酢です。(寿司酢ではありません)
ポン酢として鍋物に、また野菜(ほうれんそう等)の和え物に使えます。焼魚(鮎や秋刀魚の塩焼き、一塩のぐじ、鰈、鯵の干物等)に少しかけますとおいしく召し上がっていただけます。塩コショウとオリーブ油を加えてさっぱり味のドレッシングにすれば魚介類のサラダにも合います。大根おろしの水気をかるくしぼり、蒲鉾やイクラと和えれば簡単なおつまみになります。

都すみそ

都すみそ

京の白味噌と京酢加茂千鳥で作った、からし酢味噌です。赤貝、鳥貝等の貝類にわけぎを茹でて都すみそで和えますと俗にいう鉄砲和えという料理になります。鯉、鮒の御造り(洗い)にはぜひお使い下さい。開封後は冷蔵庫にお入れ下さい。



日本老舗百店会 京百味会同人

創業江戸 享保年間 千鳥酢 村山造酢株式会社

所在地:〒605-0005 京都市東山区三条大橋東3-2/TEL:075-761-3151/FAX075-751-9119/営業時間:午前8時半?午後5時/定休日/日曜・祝日(お盆・年末年始)