京都あれこれ


村山造酢からのお知らせ

料理屋様のレシピ 萬亀楼様

2013.08.23

昨日より料理屋様のレシピに第五回として「萬亀楼」様にお料理をご提供いただきました。
京都には茶道の懐石料理、寺の精進料理、朝廷や公家の有職料理、料亭の会席料理など
京の歴史とともに様々な食文化があり今日まで続いております。

萬亀楼様はその中の御所ゆかりの生間流式庖丁・有職料理を正式に継承しておられる名店で
美味しい京料理をいただけるお店でもあります。
詳しくはホームページをご覧ください

美しく手入れされたお庭の見えるお座敷で7月末に撮影と試食をさせていただきました。
arekoremankame1-1.jpg


arekoremankame2.jpg


まだまだ今夏は暑い日が続いておりますので、お教えいただいた

 「白ずいき胡麻酢がけ」
 「鱧焼霜・花丸胡瓜・椎茸・美味酢」
 「鮎塩焼き蓼酢」
 「鱸(すずき)の蓼酢焼き」

など、夏のご馳走をぜひ作ってみてください。

(料理屋様のレシピ 第五回 萬亀楼様)


祇園祭

2013.07.22

7月17日、祇園祭は山鉾の巡行でクライマックスを迎えました。
1か月にわたるこの祭りにはいろいろな見どころがあります。10日に鉾建てが済むと
宵々山(15日)、宵山(16日)と人々はお囃子に誘われるように鉾見物をし
鉾町の家々に飾られた屏風を見て楽しみます。別名「屏風祭り」といわれる由縁で
一番間近に鉾を見ることが出来る時で、毎年数十万人の人々で賑わいます。
写真は提灯の明かりが灯った長刀鉾です。

2013gionma1.jpg


7月17日四条通で長刀鉾を先頭に巡行が始まると、稚児舞やしめ縄切り、くじあらため、つじまわしなど
何処で巡行を見ても堂々としていて美しく素晴らしいです。巡行を終え新町御池でお稚児さんが降りられた後
全ての鉾や山は細い新町通や室町通を通り各鉾町へ帰って行きます。動く鉾や山を間近で見られるおすすめの見物ポイントです。
写真は戻り囃子をしながら月鉾が鉾町へ戻り、町衆や観客に拍手で迎えられたところです。神事を終えた安堵感が漂います。

2013gionma2.jpg


あまり地方の方には知られていませんが、祇園祭は夜に御神輿がでます。
10日に鴨川で神輿洗いをし、17日夕方から3基の神輿が八坂神社を出発し神幸祭が行われます。
各神輿は祇園や河原町など各径路を「ほいっとほいっと」の掛け声とともに練り歩き、夜に四条御旅所に着き
24日の還幸祭まで鎮座します。
写真は三条大橋を渡り進み、三条木屋町で御神輿を差し上げているところです。巡行の雅やかさと違い活気あふれる瞬間です。

2013gionma3.jpg


トップページ 夏のお料理 菊乃井 本店様

2013.06.03

ホームページのトップページ2枚目と3枚目の写真が本日6月3日から変わりました。

 

2枚目の夏のお料理は菊乃井 本店様がご提供くださいました。

籠に盛られた鮎の塩焼き、氷の器にはお素麺(海老・干し椎茸の甘煮・みょうがなどの薬味)

蓮の葉を器に見立てて盛られた鯛のお刺身と蓮根の酢漬けなど、ほおずきとゆで銀杏。

コース料理ではなく夏らしいお料理をお作りくださいました。

撮影させていただいたのは昨年の8月でしたので、障子やふすまを外して夏の建具にした夏座敷(7月と8月)でした。

また、お盆過ぎでしたので蓮の葉やほおずきも季節感を感じさせていただけました。

菊乃井様にはお忙しい中気持ちの良いお部屋で五感で楽しませていただき感謝申し上げます。

レシピも2品「根菜マリネ」や「豚の米酢鞍馬煮」の作り方も教えていただきましたので『料理屋様のレシピ』をご覧ください。

(料理屋様のレシピ 第二回 菊乃井 本店様

 

3枚目は弊社近く祇園の巽橋より南の写真です。

お料理屋様が多く、魅力のある地域ですので、観光で来られましたらお立ち寄りください。

夏の京都は暑いですが祇園祭やお盆の行事など、また夏ならではのお料理もたくさんございます。

夏の京都もお楽しみいただけたら幸いです。


トップページ 春のお料理 瓢亭様

2013.04.15

トップページは京都の四季やお料理の4枚の写真で構成されています。

トップページ2枚目の春のお料理は瓢亭様がご提供くださいました。

 

「鮎の煮びたし、生姜酢」「鯛の細作り、わさび酢」「春野菜(空豆・土筆)の木の芽酢」

お膳に春の酢の物尽くしを、14代目ご当主の高橋英一氏とご子息の高橋義弘氏がお作りくださいました。

お二人のお人柄のように優しくて穏やかな美味しいお料理でした。

お座敷から見える庭も美しく自然の中でいただくようで、ご馳走の一つに感じられました。

「赤貝 鳥貝 ホタテ貝柱 独活 菜の花 わらび 生姜酢和え」や「鯛笹巻ずし」の作り方も教えていただきましたので

『料理屋様のレシピ』をご覧ください。(料理屋様のレシピ 第一回 瓢亭様

 

また、高橋英一氏は平成25年3月19日に京都府無形文化財「京料理・会席料理」の保持者に認定されました。

長年京料理の後進の指導に尽力されてこられましたので、我々京料理に関わる者にも誠にうれしいことでした。

瓢亭様にご愛顧いただいておりますことを改めて弊社の誇りに思いました。

瓢亭様、詳しくはぜひホームページをご覧ください。(http://hyotei.co.jp/


ホームページオープンしました。

2013.04.08

本日4月8日、村山造酢ホームページがオープンいたしました。

 

この「京都あれこれ」のコーナーでは、京都の食にまつわる話、京都の四季、京都のお祭りのこと

京都の日々の暮らしなどなど、、、をご紹介していこうと思います。

 

少しずつ更新していきますので、お読みいただけたら幸いです。

どうぞよろしくお願いいたします。


1  2  3  4  5  6  7

日本老舗百店会 京百味会同人

創業江戸 享保年間 千鳥酢 村山造酢株式会社

所在地:〒605-0005 京都市東山区三条大橋東3-2/TEL:075-761-3151/FAX075-751-9119/営業時間:午前8時半?午後5時/定休日/日曜・祝日(お盆・年末年始)