千鳥酢について


千鳥酢をご愛用頂いている料理屋様のレシピをご紹介します。 

萬亀桜 様

萬亀桜 白ずいき胡麻酢がけ

材料

白ずいき 150g
利久麸 1/2個
オクラ 4本
ラディッシュ 3ケ
大根 200g
タカの爪 1本

合わせ酢

千鳥酢 40cc
当り胡麻 60g
昆布出汁 10cc
淡口醤油 10cc
煮切りみりん 10cc

作り方

1. 白ずいきは薄皮をむいてたてに細く切り束ねて竹皮で結び水につけてあく止めをしておく。沸騰したお湯に皮付きの大根おろしとタカの爪を入れて白ずいきを2分程ゆがいて水に落としさらしておく。水気をきり、さっと出汁で煮込み、冷す。
2. 利久麸は油抜きをしておく。オクラはゆがいて淡口・塩で味をつけた出し汁に漬けておく。
3. 白ずいきの水気をよくきり、利久麸・オクラと共に1人前ずつ切って器に盛り、合わせておいた胡麻酢を上からかけて刻んだラディッシュを天盛りしてすすめる。

萬亀桜 鱧焼霜・トマト・花丸胡麻・椎茸・美味酢

材料

50g
トマト 1個
花丸胡瓜 2本
椎茸 4ケ

合わせ酢

千鳥酢 50cc
一番出し 50cc
煮切りみりん 5cc
煮切り酒 5cc
淡口醤油 30cc
柑橘類(絞り汁) 5cc

作り方

1. 鱧は骨切りをして、皮目をバーナーであぶって焼霜にしておく。
2. トマトは湯むきをしておく。
3. 花丸胡瓜は塩ずりして熱湯にくぐらせ色出しをして切り昆布の入った塩水に漬け込んでおく。
4. 1〜3の材料を1人前ずつ切り出し器に盛り、合わせた美味酢をかけてすすめる。

萬亀桜 鮎塩焼き 蓼酢

材料

4本

合わせ酢

千鳥酢 60g
蓼(たで)の葉 60g
ご飯 50g
100cc
少々

作り方

1. 鮎は串を打ち塩をあてて焼く。
2. 蓼の葉60gとご飯50gと水100ccと塩少々をミキサーに入れ、蓼の葉ペーストを作る。
3. 蓼ペースト大さじ2に対して千鳥酢大さじ5を混ぜて蓼酢としてすすめる。

萬亀桜 鱸蓼酢焼き

材料

鱸(すずき) 50g切り身 × 4切れ

合わせ酢

千鳥酢 60g
蓼(たで)の葉 60g
ご飯 50g
100cc
少々

作り方

1. 鱸は上身にして50gずつ切り出し、両面にうす塩をあてておく。
2. 40分程塩を回して水気をふき取り串を打って焼く。
蓼の葉60gとご飯50gと水100ccと塩少々をミキサーに入れ、蓼の葉ペーストを作る。
3. 蓼ペースト大さじ2に対して千鳥酢大さじ5を混ぜて蓼酢を作ります。
4. 3に卵白1個分を混ぜて、鱸の焼き上がりにハケで2〜3回ぬり蓼酢焼きとします。

料理屋様のレシピトップへ

日本老舗百店会 京百味会同人

創業江戸 享保年間 千鳥酢 村山造酢株式会社

所在地:〒605-0005 京都市東山区三条大橋東3-2/TEL:075-761-3151/FAX075-751-9119/営業時間:午前8時半〜午後5時/定休日/日曜・祝日(お盆・年末年始)