酢てきなレシピ


お寿司

ひな祭り菱寿司(4人分)

材料

2合

<A>

千鳥酢 大さじ2と1/2杯
砂糖 大さじ2杯
大さじ1/2杯

 

3個

 

さくらでんぶ 大さじ2杯
青海苔 大さじ1杯
いりごま 小さじ1杯
刺身(マグロ・イカ等) 1人前
えび 3尾
イクラ 適量
干ししいたけ 小5個
きゅうり 少々

 


作り方

1.米は普通の水加減で炊き、<A>をあわせたものを混ぜ、寿司飯を作る。

2.干ししいたけはぬるま湯でもどしてから、砂糖・こい口醤油・みりん・酒(各大さじ1杯)で煮含めておく。

飾り用の千切りを残してみじん切りにしておく。

3.卵は薄く焼いて、錦糸たまごにしておく。
4.(1)の寿司飯を三等分し、さくらでんぶ入り・青のりといりごま入り・干しいたけ入りの三色にする。
5.お刺身は食べやすい大きさに切る。

6.海老は背わたを楊枝で取ってから、塩熱湯で茹でておく。甘酢につけて味をつけてから食べやすい大きさに切る。

切り落とした分は細かく切って具にしても良い。

7.きゅうりは薄く輪切りにしておく。
8.牛乳パックを8センチ高さに切ってひし形にする。

9.(8)の牛乳パックの内側を水でぬらしてからお皿に置き、寿司飯を三段になるように入れて、上に(5)の錦糸たまごをのせてから

パックをはずすとひし形になる。イクラ・さしみ・海老・きゅうりを飾って出来上がり。

 

【備考】
☆ 干ししいたけは多い目に炊いて冷凍しておけばすぐに使えます。
☆ 錦糸たまごを作るとき、面倒ですが卵液をザルでこしてから焼くときれいな黄色に仕上がります。
☆ ひし形にせず、グラスに入れれば、ひな祭りカップ寿司になります。盛り付けを変えただけですが、違って見えます。
☆ 刺身の色が変わりますが、醤油少々か塩で下味を付ければ美味しくなります。

このレシピを印刷する

日本老舗百店会 京百味会同人

創業江戸 享保年間 千鳥酢 村山造酢株式会社

所在地:〒605-0005 京都市東山区三条大橋東3-2/TEL:075-761-3151/FAX075-751-9119/営業時間:午前8時半?午後5時/定休日/日曜・祝日(お盆・年末年始)