酢てきなレシピ


お寿司

ひな祭り寿司

材料

<寿司飯>

1/2カップ
千鳥酢 大さじ1杯
砂糖 小さじ1杯
小さじ1/2杯

 

干ししいたけ 1~2枚(なくても可)
焼きアナゴ 少々(なくても可)

 

2個
うずら卵 2個
スモークサーモン 1枚
きゅうり 少々
菜の花 1片
ごぼう 少々
れんこん 少々
糸海苔 少々
鯛の刺身 1さく
マグロの刺身 1さく

 


作り方

1.米を炊く。千鳥酢、砂糖、塩をまぜてすし酢を作りご飯とまぜてすし飯を作る。 (寿司飯の炊き方)
2.干ししいたけを水でもどして甘辛く炊いてから細かく刻む。
3.アナゴも細かく刻む。
4.(1)に(2)(3)を混ぜて小さな三角のおにぎりにしておく。
5.うずら卵はゆでて殻をむいておく。
6.フライパンで薄焼き卵2枚焼いておく。(直径25~26センチ位の円形を2枚)
7.れんこんは酢れんこんにする。(酢れんこんの作り方)
8.ごぼうは皮をむき、酢水につけてあくを抜いてから、ゆでておく。
9.きゅうりは薄く細長く切っておく。
10.菜の花は塩熱湯でさっと色よくゆでて冷ましておく。
11.お雛様…(4)のおにぎりにスモークサーモンを巻き、上端を少し折った(6)の薄焼き卵で包む。(5)のうずら卵を爪楊枝で止めて顔にし、(10)の菜の花を頭に飾る。 (7)の酢れんこんを扇にみたてて、爪楊枝で止める。
12.お内裏様…(4)のおにぎりに、(9)のきゅうりを巻き、上端を少し折った(6)の薄焼き卵で包む。(5)のうずら卵を爪楊枝で止めて顔にし、糸海苔で頭を飾る。(8)の ごぼうをしゃくにみたてて爪楊枝で止める。
13.刺身は薄くそぎ切りにして、バラの花のように巻いて飾る。

 

【備考】
【ポイント】
・刺身のバラの花は1切目(芯の部分)はきつめに巻き、2切目からはゆるく巻いていくと、上手に仕上がります。
・干ししいたけは多めに作り冷凍保存しておけば、色々と使えて便利です。
・爪楊枝を使用しますので、小さなお子様がお召し上がりの際は、ケガにご注意ください。

このレシピを印刷する

日本老舗百店会 京百味会同人

創業江戸 享保年間 千鳥酢 村山造酢株式会社

所在地:〒605-0005 京都市東山区三条大橋東3-2/TEL:075-761-3151/FAX075-751-9119/営業時間:午前8時半?午後5時/定休日/日曜・祝日(お盆・年末年始)